SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

10~20代の6人に1人、「1ヵ月以内のテレビ視聴なしもしくは未所有」【サイバーエージェント調査】

 サイバーエージェントが運営する、動画広告に特化した調査機関であるオンラインビデオ総研は、全国の10代から60代の2万人を対象に実施したテレビ接触頻度調査(ローテレ調査)の結果を発表した。

テレビの低接触層が約4割に

 同調査では、地上波テレビの「リアルタイム視聴」における平均的な視聴時間によって、以下6グループに分類。

1.「ノンテレ」 :テレビを持っていない、または1ヵ月以内に視聴なし
2.「超ローテレ」:平日30分未満、かつ休日1時間以下
3.「ローテレ」 :平日1時間以下、かつ休日2時間以下
4.「ミドルテレ」:平日2時間以上、または休日3時間以上
5.「ハイテレ」 :平日3時間以上、かつ休日3時間以上
6.「超ハイテレ」:平日5時間以上、かつ休日5時間以上

 そして、今回の対象に対し調査を行った結果、ローテレ系(ノンテレ、超ローテレ、ローテレの合算)が38.6%いることがわかった。

10代後半の役半数がローテレ系に

 続いて、各年代別にテレビの接触頻度を調べたところ、10代後半では48%と約半数がテレビの接触頻度が低いことが明らかになった。さらに、10代後半から20代の6人に1人がテレビ視聴をしない、もしくはテレビを所有していない層であることがわかった。

 一方、60代に関しては、ハイテレ系(ハイテレ、超ハイテレ)の割合が高く、テレビの接触頻度が高いことが判明した。

 また、前回調査と比較すると、すべての層でローテレ系の割合が微増していた。

 

 【調査概要】
・調査対象:全国 15歳~69歳 20,000サンプル (調査会社パネルを利用)
・調査時期:2018年2月・調査主体:株式会社サイバーエージェント
・調査手法:インターネット調査

【関連記事】
電通、テレビ・ネットにOOHを統合した広告プランニングと効果検証を可能とするツールを開発
ミレニアル世代、「テレビを観ながらSNS」8割超え【J:COM調べ】
カレンダーシェアアプリ「TimeTree」登録ユーザー800万に 大野雄介起用のテレビCMを展開
NHK、日テレNEWS24、フジテレビ系列のFNNなどが「LINEアカウントメディア」に参画
競合のテレビCM出稿をリアルタイムに検知して対抗!DI.が「CMARC リターン・エース」を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/05/16 14:30 https://markezine.jp/article/detail/28413

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング