MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「無料通話・チャット」利用者は5割強と増加傾向【マイボイスコム調査】

2018/05/18 11:15

  マイボイスコムは、6回目となる「無料通話・チャット」に関するインターネット調査を実施。結果を発表した。

5割強が「無料通話・チャット」を利用

 直近1年間の無料通話・チャットのサービス・アプリ(以下、無料通話・チャットサービス)利用者は5割強だった。「LINE」は50.0%で増加傾向、「Facebook Messenger」「Skype」は7~9%となっている。「LINE」は女性や若年層で比率が高く、男性10~20代や女性10~30代では7~8割、男性50~70代や女性60~70代では3~4割だった。

 また直近1年間利用者が最もよく利用した無料通話・チャットサービスの利用頻度は、「1日1~2回」がボリュームゾーンだった。男性10~20代や女性10~30代では、「1日5回以上」が3割みられる。1日1回以上の利用者は5割強、女性10~30代で7割、「LINE」主利用者では6割弱となった。

利用理由は「手軽さ」と「使い勝手の良さ」

 メールやチャットでやり取りする際に、無料通話・チャットサービスを利用する理由は、「軽い感じでやりとりできる」が直近1年間利用者の55.6%、「使い勝手がよい」が41.6%、「スタンプなどを使って気持ちを伝えられる」「家族や友人・知人が利用している」「相手が読んだかどうかを確認できる」が各3割だった。「LINE」「Googleハングアウト」「Facebook Messenger」主利用者では「軽い感じでやりとりできる」、「Skype」「Viber」主利用者では「使い勝手がよい」が最も多くなった。

【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2018年04月01日~04月05日
回答者数:10,755名

【関連記事】
スマホサイトのユーザビリティランキング2018、第1位はNTTドコモに【トライベック調査】
大学生のキャリアメール離れ加速 連絡手段はLINEやTwitterがメイン【東京工科大学調査】
テキストでのコミュニケーション、約9割の人が「短文で」と回答【ピックアップ調査】
10~20代の6人に1人、「1ヵ月以内のテレビ視聴なしもしくは未所有」【サイバーエージェント調査】
R25世代、ネットメディアの広告記事も「面白そうなら読む」が49.3%【新R25調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5