SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モバゲーとユニクロがコラボ、「世代クロス型プロモーション」をスタート

 今回のプロモーションでは、20~30代の女性層を中心に幅広い客層を持つユニクロと、10~20代前半の若年層がメインユーザーである「モバゲータウン」とが連携することによって顧客の獲得拡大をねらう。

 3月日から6月2日まで公開される期間限定コーナーを利用するには、「モバゲータウン」への会員登録が必要。配信されるゲームは、家の洗濯機が壊れて、そこから飛んでくる洗濯物をキャッチして得点を競うというもの。ただし、コーディネートを考えてキャッチし、うまく組み合わせないと高得点にならない。ある点数を越えると、ユニクロ店舗内のアバター用背景を獲得することができる。

コラボレーションゲーム画面。
※画像はいずれもプレスリリースより転載。

 ユニクロの店舗では対象商品を購入するとシリアルナンバー付きのカードが配布され、カードに記載されたQRコードから「モバゲータウン」のサイトにアクセスし、IDを入力することで、女性用は「ハイライズジーンズ」「スティックパンツ」のいずれか、男性用は「プレミアムデニムジーンズ」「ナチュラルフィットジーンズ」のいずれかのアバターアイテムを取得することができる。また、ユニクロ店舗で使用できるモバゲータウン会員限定のクーポンも配信される。

スペシャルアバターの例。

 キャンペーンは第1期終了後、対象商品とアバターアイテムを変更して、第2期のキャンペーンを実施する。

【関連リンク】
ユニクロとバンダイ、ガンダムTシャツとガンプラのセットを発売
「UNIQLOCK」の仕掛け人が明かすWebキャンペーン成功のポイント
【復習企画】いまさら聞けない、モバゲータウン儲けのしくみ
モバゲー米国進出、DeNAが米国に子会社設立
モバゲー包囲網?携帯フィルタリング騒動の裏にあるもうひとつの背景

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/03/04 11:15 https://markezine.jp/article/detail/2844

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング