SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天市場を活用する広告主向けにマーケティングツール「RMP - For Brands」がリリース

 楽天と楽天データマーケティングは、「楽天市場」における広告主向けマーケティングツール「RMP - For Brands」の提供を開始した。

 「RMP - For Brands」は、「楽天市場」を活用したマーケティング活動において、関連するデータやコンテンツを一元的に管理することができるマーケティングツールだ。当初は、「楽天市場」に企業のブランドサイトを設置できる広告ソリューション「RMP - Brand Gateway」の利用企業を対象に、「Data Analysis機能」と「Brand Communication機能」を提供する。

 「Data Analysis機能」は、ブランドサイトのアクセス状況(ページビュー数、ユニークユーザー数、検索数、流入元など)や平均閲覧時間などのサイト関連データ、「楽天市場」での合計売上金額、個数の推移といった売上関連データに加え、性別・年齢・併売・リピート回数など50項目以上のデータをビジュアル化してレポーティング。また「Brand Communication機能」では、「RMP - Brand Gateway」における製品情報やページデザインなどのコンテンツを利用企業側でリアルタイムに更新、管理することができる。

 さらに2018年夏以降、広告配信が実施できる「Promotion機能」および新規顧客の獲得や既存顧客価値の向上を目的とした「Lead Generation & Nurturing機能」を追加する予定である。

 「RMP - For Brands」では、楽天IDに基づいたビッグデータを活用してデータ連携できるほか、単一のマーケティングツールによる管理が可能であるため、効率的なプロモーション施策の計画が実現する。今後は、マーケティング戦略の立案から実行、効果検証、改善に至るまで、PDCAサイクルの全過程に関わる機能を拡充していく予定だ。

【関連記事】
楽天データマーケティング、企業のブランドサイトを「楽天市場」に設置できる広告商品を本格提供へ
楽天と電通が共同設立した楽天データマーケティング、営業を開始
楽天と電通、「楽天データマーケティング株式会社」を設立 楽天グループのビッグデータを活用
楽天とビームスがコラボ!O2O企画「Rakuten meets BEAMS JAPAN」の開催へ
楽天、マーケソリューションを「Rakuten Marketing Platform」ブランドに統一

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング