SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インフィード広告におけるクリエイティブの効果をAIが予測!CAの「iXam Drive」に新機能

 サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、インフィード広告に特化した運用プラットフォーム「iXam Drive(イグザム ドライブ)」において、AIによるクリエイティブの精査・入稿を自動で行う新機能「AI配信予測」を実装・導入した。配信予測ロジックは、広告配信やクリエイティブ制作における技術課題の解決を目指す同社のAIの研究開発組織「AI Lab」と共に研究開発している。

 「AI配信予測」では、過去に配信した大量のクリエイティブ実績をもとに、AIが新規クリエイティブの配信効果を予測し、予測結果が良好なクリエイティブを優先して自動配信を行うことで広告効果の向上を目指す。クリエイティブの選択から精査までAIを活用した結果、導入前と比較して、クリック数が125%増加したことを確認しており、新機能の導入により一層の広告効果向上が期待できる。

【関連記事】
CAの「iXam Drive」、サイト未訪問でもFacebookダイナミック広告の配信可能に
CA、Twitter広告運用の完全自動化機能を開発~トレンドキーワードを瞬時に取得
サイバーエージェント、インフィード広告特化型のクリエイティブ運用プラットフォームを開発
サイバーエージェントの「AIR TRACK」、アプリメディア向けに行動分析画面をリリース
サイバーエージェントのAI研究組織「AI Lab」、電気通信大学と産学連携へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング