MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ニコニコ動画、深夜の「時報広告」枠を最高80万円で販売

2008/03/06 14:50

 「時報広告」とは、ある時刻にニコニコ動画にアクセスし動画を視聴している全ユーザーに、動画によってリアルタイム情報を同時に伝達するシステム「ニコ割」を利用した広告媒体。現在、ニコ割を利用した時報を、毎日19時、24時、26時に放送しているが、時報広告では時報の前にクライアントの広告を挿入し、そのときニコニコ動画を利用しているユーザーにアテンションをかけることができる。

 ニワンゴは、これまで実施したテスト広告はいずれも高い効果を挙げており、Webバナー的なものとラジオ放送的なもの、それぞれの広告要素が複合的に含まれた、新しいメディアコンテンツとしてユーザーにアプローチが可能だとしている。

 「時報広告」は19時・24時枠・26時の3枠を用意し、時報含む約5分間掲載され、時報広告放送後の約4分間、時報表示部分にバナーが固定で表示される。掲載枠数は1回あたり1枠。1本分の制作費込みの料金は時間帯で異なり、24時枠は800,000 円から、19時と26時枠は500,000円からとなっており、「時報広告」の制作は株式会社CELLが行う。

 「ニコニコ動画」を夜中に見ているユーザーによると、時報が流れるときは深夜だけにかなりびっくりするようだ。また、時報が鳴った瞬間にそのページ(タブ)を閉じて、同じURLを開き直すと時報は消えたという。ユーザーに対するインパクトは十分のようだ。時報広告の詳細は、ニコニコ動画のサイト内「広告出稿に関するお問い合わせ」から。

【関連リンク】
ドワンゴ社長「黒字化よりも今は多くの人に利用してもらいたい」【「ニコニコ動画SP1」発表会】
1月のユニークビジター数、トップ3はYahoo!・Google・楽天、「ニコニコ動画」は1000万人目前
「ニコニコ動画モバイル」が、iモードの公式サービスに
「ニコニコ動画モバイル」のユーザー数が100万人を突破
YouTube&ニコ動で1000000回再生!耳コピ演奏の達人「スタインウェイの人」松澤健さんインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5