SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

検索連動広告とソーシャル広告の統合管理が可能に マリンソフトウェア、新プラットフォームを発表

 マリンソフトウェアは、新しいクロスチャンネル広告プラットフォームである「MarinOne」を発表した。

管理画面イメージ
管理画面イメージ

 「MarinOne」では、検索連動広告とソーシャル広告の統合した管理が可能。すべての広告データを1つのプラットフォームに統合し、パブリッシャーを横断してキャンペーンを連携させることができる。

 たとえば、Google、Facebook、Amazonといった競合関係にあるパブリッシャーにおいても、これらのチャネルが他のチャネルにどのような影響を与えているのかを分析することができる。この分析を可能にする「TruePath」は、デバイスレベルでのインプレッション、クリック、コンバージョンデータを結びつける同社独自のアトリビューション技術によるものである。

 また、検索キーワードに基づいた購買意思シグナルを使い、ソーシャルで新しい消費者をターゲティングすることも可能。さらにAIを活用した入札機能により、広告キャンペーン管理の全体像の把握を実現する。

【関連記事】
1時間毎に検索連動型広告の掲載順位を最適化!マリンソフトウェア、「PositionLock」リリース
マリンソフトウェア、Instagram Ads APIをソーシャル広告管理プラットフォームに統合
マリンソフトウェア、仏SocialMoovの買収を発表~ソーシャル広告関連機能を拡張へ
米Adobe、検索連動型広告の管理ソリューションを発表 新UI×AI活用で運用工数の削減、ROI向上
電通、テレビ番組・CMとネット広告・DOOHのリアルタイム連動を実現する広告管理システム開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング