SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドエビス、「シナリオコンバージョン」機能を追加 特定のユーザー行動をコンバージョンとして計測可能に

 ロックオンは、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」のバージョンアップを行い、6月18日より「シナリオコンバージョン」機能の提供を開始した。

 「シナリオコンバージョン」は、一連のユーザー行動をコンバージョン(マーケティング成果)とし、広告の効果測定やアトリビューション分析に活用できる新機能。

 これまで同社は、カスタマージャーニー分析をはじめとした分析機能を活用し、ユーザー行動の可視化をサポートしてきた。同機能では、これらの分析によって明らかになった一連のユーザー行動を登録し、コンバージョンとして個別に設定できる。

 期待するユーザー行動を事前に「アドエビス」に設定することにより、明確なコンバージョンポイントが存在しないサイトにおいても、ユーザー行動を基準としたコンバージョン数をレポートできる。

 また、同機能で取得したデータは、アトリビューション分析やカスタマージャーニー分析はもちろん、AIを用いたクロスデバイス機能においても活用可能で、様々なシーンでのマーケティング効果検証を実現する。

【関連記事】
デバイス/ブラウザ間の行動を可視化 アドエビス、AI搭載の「クロスデバイス機能」をリリース
ロックオン、インテージと協業でアドエビスの新サービスを開始
Web接客ツールの「Sprocket」、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携
CRMクラウドサービス「Synergy!」、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携
ロックオン、サイバー・コミュニケーションズと連携 「アドエビスCCI分析パッケージ」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング