SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三越伊勢丹、定期宅配ECサイト「ISETAN DOOR」を開設 オイシックスドット大地が運営支援

 6月21日、オイシックスドット大地が運営支援をする三越伊勢丹の定期宅配型のECサイト「ISETAN DOOR」が公開となった。

「ISETAN DOOR」サイトイメージ
「ISETAN DOOR」サイトイメージ

 同サイトは、三越伊勢丹の百貨店を利用する顧客層に対して日常的に利用できるサービスを提供することを目指し、食品領域から取り扱いを開始した。今後、食品以外の商品ラインアップの拡充も検討していく。

 三越伊勢丹は、従来のハレの日を中心とした需要に加え、顧客接点を高頻度かつ定期的なものにするために定期宅配サービスを開始した。デジタル会員約200万人という顧客基盤を活かした「ISETAN DOOR」への集客をしながら、伊勢丹新宿店で扱うブランドを中心とした商品や、食品スタイリストが厳選した商品などを提案し、事業拡大を目指す。

 オイシックスドット大地は現在、「Oisix」「大地を守る会」、そして10月に経営統合する「らでぃっしゅぼーや」の3ブランドで食品の定期宅配事業を展開している。中でもオンラインに特化した「Oisix」では、約17万人の定期会員が一人あたり年間で約25回購入をする。

 同社は、食品の定期宅配(サブスクリプション)事業運営で培ったWebプロモーション、サイトのUI設計などのノウハウを集約した「マーケティング・プラットフォーム」と、優良生産者ネットワークや品質管理機能、食品加工・製造工場といった機能を備えた「フルフィルメント・プラットフォーム」を活用し、「ISETAN DOOR」の運営支援をする。

【関連記事】
参加型ECサイト「Tシャツトリニティ」が「ZETA SEARCH」を導入 口語での検索等も可能に
GMO TECH、O2Oアプリ作成ツール「GMOアップカプセルPRO」に「ガチャ機能」を追加
サイバー・バズ、Instagramの「ショッピング機能」を活用したECサイト運用代行サービスを開始
「検索結果:0件」回避へ! パルシステム、EC・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」を導入
インテージ、「INTAGE connect」経由で新たにネットリサーチデータの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/06/25 15:30 https://markezine.jp/article/detail/28712

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング