SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

業界別の接客テンプレを搭載!エフ・コード、Web接客ツール「CODE」のリリースを発表

 エフ・コードは、Web接客ツール「CODE Marketing Cloud(以下、CODE)」を、2018年7月中旬より提供することを発表した。

 同ツールは、業界別の接客テンプレートを搭載しており、Google Analytics(無償版)で取得したデータや、他社マーケティングオートメーションツールと連携することができる。Webサイト来訪者の訪問回数・訪問ページ等の行動履歴や、連携した外部データソースの情報を元に、Webサイト内のユーザー一人ひとりへの接客を最適化することが可能になるため、CVR向上やROI向上などの成果が見込める。

「CODE」活用イメージ
「CODE」活用イメージ

 エフ・コードは、同ツールを伴走型ツールと位置づけ、運用支援コンサルティングも実施。カスタマーサクセスチームが導入・設定から接客シナリオの提案、レポーティングまで支援していく。

【関連記事】
ウェブ接客ツール「f-tra CTA」、測定に関する2つの新機能を搭載
エフ・コード、ウェブ接客ツール「エフトラCTA」に新機能追加~オファー出すタイミングを柔軟に
エフ・コード、EFOツールにYahoo!IDとFacebookアカウントでのフォーム自動入力機能追加
Web接客ツールの「Sprocket」、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携
サイト訪問者の企業データを可視化!Web接客ツール「sinclo」が企業データベース「LBC」と連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/05 12:30 https://markezine.jp/article/detail/28804

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング