SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SupershipとWi2、中国最大のSNS微博(Weibo)と戦略的パートナーシップを締結

 Supership、Wi2、新浪(Sina)の3社は、新浪が運営するSNS「微博(Weibo)」を通じて、訪日中国人へのインバウンドマーケティングを目的とした戦略的なパートナーシップを締結した。

 「微博」の月間利用者数(MAU)は、2018年3月時点で4億1,100万人を超え、1日当たりのアクティブユーザー数(DAU)は1億8,400万人にのぼる。うち93%がモバイルからのアクセスで、テキストや画像、動画の投稿による情報の発信だけでなく、位置情報を活用したフレキシブルなメニュー構成でユーザーにあわせた情報提供が可能だ。

 今回提携をしたWi2は、これまでも訪日外国人向けのWi-Fi接続支援無料アプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」において、おすすめ観光スポットやグルメ、店舗などの情報発信を行うほか、位置情報に基づいたクーポン配信などをしてきた。こうした訪日外国人向けのコンテンツ提供のノウハウを活かし、「微博」においても、訪日中国人向けの情報コンテンツ提供を独占的に行っていく。

 また、Supershipは、ナショナルクライアントのブランディング・プロモーション支援によって蓄積された知見を活かし、専任のトレーディングデスク部隊による高度なデータマーケティングを実施。旅行情報コンテンツにおける広告の運用を支援していく。

 これにより、観光データに基づいた効率的なマーケティング、外国人目線で訪日旅行者の心を動かすクリエイティブ、そしてSNSに基盤を置いた持続可能なプロモーションの3つが実現可能になった。

【関連記事】
ベクトル、「新浪」「微博」の日本総代理と戦略パートナー契約を締結
Acxiomと微博、中国初のプライバシーに配慮したオンライン&オフラインマーケティングを可能に
電通西日本、ジェネシスコミュニケーションと連携 BtoB領域のインバウンドマーケティングを支援
日立システムズ、訪日中国人の消費行動・対策を解説する無料セミナーを開催
電通とリクルートHD、インバウンドマーケティング領域で協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/05 17:15 https://markezine.jp/article/detail/28809

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング