SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEとベンチャーリパブリックが旅行事業分野で資本・業務提携

 LINEとベンチャーリパブリックは、旅行事業分野で資本・業務提携契約を締結した。

 ベンチャーリパブリックが運営する「トラベルジェイピー」は、国内および海外旅行の情報を専門に扱う総合旅行情報メディアだ。そしてLINEは、「トラベルジェイピー」との提携を通じ、「LINE Commerce gateway」の新たな入り口として、国内・海外の旅行を比較して検索・予約できる「LINEトラベル」を6月にスタートした。

 両社は、LINEが持つ豊富なユーザーベースと「トラベルジェイピー」の培ってきたノウハウを最大限に活かし、タビマエ(旅行喚起および旅行の計画・予約フェーズ)、タビナカ(アクティビティやグルメなど旅行中のフェーズ)、タビアト(旅行後の思い出やオススメのシェアなど旅行後フェーズ)を気通貫して、最適な提案ができるサービスを目指していく。

 たとえば、旅行先で急に雨が降り、予定していたプランを変更する必要がある場合には、LINEのリアルタイム性を活かし、雨の日でも楽しめるオススメのアクティビティやグルメ情報を「LINEトラベル」から届けることで、充実した旅行体験を提案する。

 なお今回の資本・業務提携により、LINEからベンチャーリパブリックに34%の出資が実施される。あわせて、LINEより取締役3名と監査役1名を派遣し、ベンチャーリパブリックの取締役は計6名、監査役は計2名となる。また、ベンチャーリパブリックの代表取締役社長は柴田啓氏、代表取締役副社長は柴田健一氏が引き続き務める。

【関連記事】
昭文社とunerryが協業 旅行アプリユーザーに向けた位置情報連動型の広告配信サービスを開始
Facebook、旅行業界向け広告商品を拡充 旅行先の検討フェーズでリーチ
JALとトリップアドバイザーが協業~インバウンドの国内旅行需要喚起に向けて、特設サイトの構築へ
LINE、「Clova」の開発プラットフォームの一般公開を発表 初期パートナーにJALなど34社
LINEショッピングで“ビジュアル検索”が可能に!新たに導入された「ショッピングレンズ」とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/11 11:45 https://markezine.jp/article/detail/28841

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング