SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷、ECシステムベンダーのMonoposを買収 小売り業界のオムニチャネル化を支援

 凸版印刷は、IROYAの子会社でリアルタイム在庫管理が特長のECシステムを提供するMonoposを買収した。

 日本国内のEC市場の規模は急速に拡大。小売業界においては小売店が消費者ニーズを的確にとらえるため、ネットとリアルを融合したオムニチャネル化が進んでいる。

 今回、同社は小売業界のニーズや動向に対応していくために、Monoposの子会社化を実施した。Monoposは、オムニチャネルワンストップSaaSサービス「Monopos」を展開するリテールテックベンチャー企業で、EC、店舗、倉庫など多岐にわたる在庫をリアルタイムに管理することに強みをもっている。

 今後同社は、Monoposと共同でECオムニチャネル支援事業を強化していく。同社がもつデジタルマーケティング分野の企画力やノウハウと、Monoposがもつシステム開発力を融合することで、CRMとSCM(Supply Chain Management)を一気通貫で支える新サービスを開発し、オムニチャネルの推進を支援する。

【関連記事】
O2Oやオムニチャネル実現を全面的にサポート! 「Marketing Touch(β版)」がリリース
UZEN、クラウドPOSレジ「スマレジ」とAPI連携 オムニチャネル運用を実現
「KARTE」が「STAFF START」と連携 販売員を軸に店舗とECのオムニチャネル化を推進
オプト、「オムニチャネルイノベーションセンター」を設置 小売業などのデジタルシフトを支援
パーソルテンプスタッフ、「オムニチャネル型」販売職の育成・派遣サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/01 13:00 https://markezine.jp/article/detail/28991

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング