MarkeZine(マーケジン)

記事種別

大日本印刷など、データを基に最適な印刷物を届けるパーソナライズド・コミュニケーションサービスの提供へ

2018/08/02 14:30

 大日本印刷とDNPコミュニケーションデザイン(以下、DNP)は、オンラインの閲覧行動や購買履歴などから、生活者一人ひとりに最適なコンテンツを印刷して届ける「パーソナライズド・コミュニケーションサービス」の提供を開始した。

 これまでDMやカタログなどの印刷物をパーソナライズ化するには、コンテンツや顧客情報を個別にレイアウトする必要があった。そこで今回DNPは、印刷物のレイアウトに必要なデザインテンプレートと商品データなどを事前に登録し、ECサイトやMAなどと連携して、個々の顧客に最適化した印刷データを自動生成するプラットフォームを開発。

 これにより、施策の企画から実行までの大幅な時間短縮が実現。また、印刷データの生成から発送までを一貫して行うため、顧客の行動を起点としたタイムリーな情報提供が可能になる。

 さらに、顧客ごとにユニークなQRコードを記載し、WebコンテンツやECサイトなどに誘導。その人が実際に購買したかなどを計測して、次の施策の検討に結びつけることもできる。

 DNPは、印刷技術とコミュニケーション施策のデザイン力を活かし、企業と生活者のパーソナルなコミュニケーションを活性化することで、LTV最大化とエンゲージメント強化を支援していく。

【関連記事】
顧客の声を統合解析し最適な顧客体験を設計!凸版印刷とベルシステム24HD、新サービスの開発へ
デジタル×アナログでパーソナライズドDMが可能に ファインドスターとグーフ、「Re;p」をリリース
日本郵便、全日本DM大賞を発表 GPはソフトバンク
DNPとEmotion Tech、顧客ロイヤルティをNPS指標で測るカスタマージャーニーマップを開発
レシート情報を商圏エリアの購買実態分析に活用!DNP、「お買い物レシート統計」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5