MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ビズライト・テクノロジー、埼玉高速鉄道と連携/デジタルサイネージを活用した新規メディアの構築目指す

2018/08/31 15:00

 ビズライト・テクノロジーと埼玉高速鉄道は、埼玉高速鉄道の車両内、および駅構内のデジタルサイネージを活用した新規メディア事業の構築を目的に、業務提携を締結した。

 ビズライト・テクノロジーは、デジタルサイネージシステムの開発や、EC・時刻表サイトなどのWebサイト構築を行っている。一方埼玉高速鉄道(埼玉スタジアム線)は、2006年から車両内と駅構内にデジタルサイネージを設置し、広告事業を展開している。

 両社は、単にデジタルサイネージ上に広告や情報を表示するだけではなく、センシングIoTやAIを活用したメディアを構築することで、媒体・沿線価値の向上を目指していく。なお、事業開始は2019年中を予定している。

【関連記事】
みずほ銀行が「最強伝説 仲根」と異色コラボ Web動画とデジタルサイネージの広告を展開
米国で1,000社以上が導入するデジタルサイネージ管理システムENPLUG 顔認識システム機能を追加
小田急エージェンシーと電算システム、データドリブン型広告へ向け新宿でデジタルサイネージ実証実験を開始
資生堂ジャパン、NKBと「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験を実施
アライドアーキテクツ、メディアフラッグとサイネージ活用したプランを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5