SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

どこどこJPマーケットプレイス、IPアドレスによる位置情報取得が“世界規模”に拡大

 Geolocation Technologyは、同社のデータ流通プラットフォーム「どこどこJPマーケットプレイス」上に、Digital Element(本社:米国)が提供するIPインテリジェンスソリューション「NetAcuity Edge」のIPアドレスに紐付いた位置情報を新たに搭載した。

 どこどこJPマーケットプレイスでは、ユーザーが企業間の「位置情報」「企業情報」「回線情報」など、ネットワーク上で使用する様々な情報を「どこどこJP」のインフラ上で取り引きすることができる。

 新たにNetAcuity Edgeのデータが搭載されたことで、どこどこJPでは、世界規模のIPアドレスに紐付いた位置情報を取得することが可能になった。位置情報をどこどこJP上にある他の情報と組み合わせることで、ユーザーのプライバシー権を尊重しつつ、対象性能や広告効果を向上することができる。

【関連記事】
IPアドレスでターゲティングできるDSP「どこどこad」がマイクロアドのSSPとRTB接続を開始
Geolocation Technology 、「どこどこJPマーケットプレイス」提供へ
アドサーバーのレポートでエリア情報・企業情報等を可視化!「ADmiral」と「どこどこJP」が接続
企業情報を判定する「どこどこJP」、マーケティングオートメーション「MAJIN」と連携
シャノンのマーケティングオートメーションと「どこどこJP」が連携 ウェブサイト訪問企業の特定可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/03 08:30 https://markezine.jp/article/detail/29161

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング