SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

キャッシュレス決済を起点にしたデータ活用促進へ トーマツ、データ戦略立案アドバイザリーサービスを開始

 監査法人トーマツ(以下、トーマツ)は2018年9月より、キャッシュレス決済を起点としたデータ戦略立案アドバイザリーサービスの提供を開始した。

キャッシュレス決済を起点としたデータ戦略立案アドバイザリーの流れ
キャッシュレス決済を起点としたデータ戦略立案アドバイザリーの流れ

 同サービスは、トーマツが実施したキャッシュレス決済(QRコード決済・モバイル決済など)に関するユーザー調査の結果をもとに、データ戦略立案やデータ分析、施策の実施をサポート。ビッグデータ解析のアナリティクス専門家と、金融・キャッシュレスビジネスに詳しい専門家でチームを組成し、実効的なアドバイスを提供する。

 これにより企業は、顧客行動の分析や企業間連携など、ビッグデータの収集や利活用に関する課題の解決が期待できる。

 また同監査法人では、調査結果から導き出したインサイトを用い、業界展望をもとに企業のデータ戦略ビジョン策定を行うワークショップも実施していく予定だ。キャッシュレス環境に関する理解の促進や、ユーザー調査結果の分析、データを活用した戦略の検討などを行っていく。

【関連記事】
デロイト トーマツとSAPジャパン、次世代デジタルソリューション群を日本企業向けに提供開始
テクノロジー企業の成長率ランキング2017~1位は売上高成長率1,252%のココナラ【トーマツ調査】
ながら視聴は全世代共通/情報取得で最も利用するチャネルは?【デジタルメディア利用実態調査】
デロイト、日系企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するコンサルティングを提供開始
デロイトトーマツ、経営意思決定を支える「マーケティング投資最適化」アナリティクスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/03 09:00 https://markezine.jp/article/detail/29162

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング