SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ADARA、日本政府観光局へ旅行者分析ツールを提供 各種デジタルマーケティング施策の高度化へ

 ADARAは、日本政府観光局(以下、JNTO)に対し、デジタルマーケティングツール「ADARA Impact」を提供する。

 JNTOは「ADARA Impact」を活用し、各種デジタルマーケティング施策の高度化を実現。さらなる日本の観光市場拡大を目指し、デジタルマーケティング事業の推進に取り組む。

 ADARAは、宿泊施設や航空会社、OTA(Online Travel Agent)など、200以上の旅行ブランドサイトと提携している。「ADARA Impact」は、旅行ブランドサイトを利用する旅行消費者の検索動向や旅行予約状況、マイレージやリワード会員プログラムの会員ステータスデータなどといったデータを集約して構築される分析プラットフォームだ。

 JNTOは、「ADARA Impact」を活用することにより、オンラインでの旅行者のエンゲージメントを把握することが可能に。具体的には、オンライン広告の接触者やWebサイト訪問者による旅行検索動向、航空券や宿泊の予約傾向、最終的に日本を訪れたのか否かといった動向を確認することができる。また、これらのインサイトデータを活用し、リアルタイムにターゲットに適したコンテンツを配信するなど、デジタルでのコミュニケーションの最適化が可能となる。

 現在、日本政府は訪日観光客数を2020年に4,000万人、2030年に6,000万人、インバウンド消費額を2020年に8兆円まで増やすことを目標に掲げている。より高度なマーケティング施策の実施が重要度を増す中で、「ADARA Impact」には、Webサイトやオンライン広告の最適化における意思決定の手段となるだけでなく、将来的に大きなマーケティング施策を打ち出すための基盤構築に向けたサポートも期待される。

【関連記事】
東京五輪を見据え、旅行業界のデータ解析事業を展開するADARAとANAが提携
DAC、旅行業界のマーケティング事業を展開するADARAと戦略的業務提携
島根県松江市と日本ユニシス、地域データとIoTを活用した観光マーケティングの実証実験を開始
ぐるなび、訪日観光客向けレストラン事前決済予約サービスの好調を受け提携強化へ
ぐるなび、台湾で訪都旅行促進キャンペーンを開催~オンライン・オフラインで東京の魅力を発信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/03 11:30 https://markezine.jp/article/detail/29165

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング