MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DAC、「AudienceOne」上でのデータ取引を開始 施策に応じたセグメントデータ購入が可能に

2018/09/11 16:45

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は9月11日、DMP「AudienceOne」において、利用企業間のセグメントデータの取引を可能とするサービス「Data Exchange」の提供を開始した。

 同サービスでは、データ提供企業が保有するデータを「個人が特定できないセグメント」として、各広告配信プラットフォームと連携。これにより、データを必要としている第三者企業と、データの収益化を希望する企業のマッチングを実現する。

 データを利用する企業は、データ提供企業との交渉や契約書の締結なしで自社のマーケティング施策に必要なセグメントデータを購入することができる。LINE Ads Platformなどの広告配信プラットフォームとも連携しているため、購入したデータをスピーディーにマーケティング施策に活用することが可能だ。

【関連記事】
DAC、データセクションのベトナム子会社を買収 開発業務の効率化やエンジニア育成加速を目的に
DAC、テレビと連動したデジタルコンテンツや広告の配信システムに関する特許を取得
DAC、「LINEポイントコネクト」の取り扱いを開始 企業のキャンペーン活動の支援を強化
DAC、リアル行動データプラットフォームを提供するTangerineと資本提携を締結
DACの「AudienceOne」、ブログウォッチャーのスマホ特化型プラットフォームと連携を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5