SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コマースリンクがGoogle Manufacturer Centerのパートナーに 導入支援も開始

 コマースリンクは、Google Manufacturer Center(以下、Manufacturer Center)のパートナーに認定された。またこれにともない、データフィード最適化サービス「DFOプレミアム」と「DFOマネージャー」において、Manufacturer Centerに必要なデータフィードを自動作成するサービスを9月14日より開始した。

 Manufacturer Centerは、メーカーやブランド企業が所有またはライセンスを持っているブランドを管理できる無料ツール。画像や商品名、YouTube動画などの詳細な商品情報をアップロードすることで、管理が可能になる。

 同ツール内で情報を共有し管理することで、同じような商品を探しているユーザーが商品を見つけやすくなるなど、Googleサービス内における購買体験の向上が見込める。他にも、特定の期間内で商品がGoogleに表示された回数や、商品がクリックされた回数などが確認できる。

 一方、同ツールを利用する際には、規定の仕様に則った商品データが必要となる。具体的には、「自社システムからデータを出力する」「規定の仕様に従ってデータを作成する」「Manufacturer Centerのシステムと連携する」「最新の状態を維持する」といった対応が求められる。そのため、同ツールの導入にあたっては社内調整やシステム開発のコストが必要だった。

 今回コマースリンクが開始したデータフィード作成サービスを利用すると、導入企業サイトに掲載されている情報の中から、同社のサイトクローリングシステムがデータを抽出。同ツール用のデータフィード(商品データ)を毎日自動で作成する。これにより、導入企業はデータ作成に関する社内調整やシステム開発が不要になり、工数の削減や導入期間の短縮、コスト削減が実現できる。

【関連記事】
コマースリンク、ライスカレー製作所と業務提携 EC事業者のInstagramマーケティングを支援
コマースリンクの「DFO」、Yahoo!プロモーション広告のページフィード作成を開始
コマースリンク、Instagram「ショッピング機能」に必要な商品データ自動作成機能を提供開始
ファンコミュニケーションズ「nex8」とコマースリンク「DFO」が連携~多様なサイト構成に対応
コマースリンク「DFOマネージャー」、Criteoのリターゲティング広告に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/19 12:15 https://markezine.jp/article/detail/29284

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング