SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

専任の編集者が最適な記事を作成!アウトブレイン、ブランデッドコンテンツの作成支援サービスを開始

 アウトブレイン ジャパンは10月10日、ブランデッドコンテンツの作成支援を行う新サービス「Branded content by Outbrain」の提供を開始した。

 「Branded content by Outbrain」では、新しくコンテンツマーケティングに取り組むマーケターを支援することで、継続的なコンテンツマーケティング施策の実施に貢献。現在、トライアルパッケージでの利用が可能だ。

 同サービスでは、実際のコンテンツ作成は提携パートナーであるグレイプが行い、同社の専任の編集者がクライアントごとに最適なコンテンツを作成し提供する。同社はこれまで、媒体社としてユーザー目線による共感性の高いコンテンツを作成するなど、ブランデッドコンテンツの作成において多くの実績を有している。

 また、同サービスで作成したコンテンツは、月間2,750億回のレコメンドを行うアウトブレインのプレミアム・ネットワーク上で配信。国内4,000万人以上のユーザーの中から最適なオーディエンスにリーチさせた上で、最低7,000クリックを獲得することも保証されている。

【関連記事】
DSP「Logicad」、「アウトブレイン」との接続を開始 利用可能なレコメンド広告枠が大幅に拡大
アウトブレインジャパン、コンテンツディスカバリー広告「SmartFeed」を提供開始
アウトブレインジャパン、IASとのパートナーシップ提携を発表 ブランドセーフティ強化を強化
グレイプとニッポン放送、アドテクを活用した番組を発信 拡散とユーザーデータの取得を同時に実現
インティメート・マージャーがアウトブレインにオーディエンスデータを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/10 15:00 https://markezine.jp/article/detail/29426

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング