SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

チケットの検索から購入・入場までをLINE上で完結! LINE TICKETがサービスをリリース

 LINE TICKETは、同社が運営する電子チケットサービス「LINEチケット」の提供を開始した。

 「LINEチケット」は、音楽ライブやコンサート、スポーツなど様々なジャンルのチケットを、LINEから手軽に検索・購入・発券できるサービスだ。

 購入したチケットは「LINE」で送られてくるため、コンビニエンスストアなどの店舗での購入手続きは不要。当日の入場までLINEひとつで完結する。決済は、クレジットカード決済、コンビニ決済、LINE Pay決済に対応している。

 購入したチケットは、普段トークをするのと同じように友だちとシェアすることもでき、イベント当日はスマートフォンに送られた電子チケットを見せるだけで入場できる。

入場イメージ
入場イメージ

 また、チケットを購入した後、ライブやイベントへ行けなくなってしまった場合は、「公式リセール機能」を活用してリセールすることができる。リセールの可否やリセール設定価格は、興行主側がチケットごとに事前に決める仕組みだ。悪質な高額チケットの販売や大量購入を防止し、イベントに行けなくなってしまったユーザーと興行主の両者に、適切かつ安全なプラットフォームを提供する。

 加えて、LINE公式アカウントや「LINE MUSIC」「LINE LIVE」といった各サービスとも連携。ユーザー属性や興味関心データなどに基づいて、「当日券があるオススメの公演」情報を配信するなど、パーソナライズされた情報を届けることができる。

 同サービスは従来のチケット販売サイトとは異なり、今まで分断されていた「イベント前」「イベント当日」「イベント後」といったそれぞれのタッチポイントを、LINEプラットフォーム上に統合。LINE公式アカウントや「LINE MUSIC」「LINE LIVE」といった各サービスと連携することで、新たなエンターテインメント体験を提供する。

 年内は70のアーティスト、約300公演の販売を予定。2019年からは、野球・サッカーなどスポーツチケットも取り扱いを開始する。また、座席指定購入にも対応していく。

【関連記事】
トーク上で「LINE Pay」決済が可能に!予約代行サービス「ペコッター」のアカウントで導入開始
一言でタクシー配車が完了!JapanTaxiのアプリがLINEの「Clova」へ対応開始
LINE、テイクアウト事業に本格参入 「LINEテイクアウト」を来年春ローンチへ
湘南ベルマーレ、パロニムのインタラクティブ動画技術を採用 動画からチケット購入、選手詳細に遷移  
西武ライオンズ、電子チケットとLINE@活用開始 チャットベースのスマートスタジアム化を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/10 16:00 https://markezine.jp/article/detail/29428

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング