SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビデオリサーチの「VR LINC」がLiveRamp Japanの「Data Store」に接続

 ビデオリサーチは、同社のデータ統合ソリューション「VR LINC(ブイアール リンク)」を、LiveRamp Japanのデータ流通・売買プラットフォーム「Data Store」と接続。同プラットフォームにデータパートナーとして参画した。

「Data Store」利用イメージ
「Data Store」利用イメージ

 「VR LINC」は、テレビ視聴データをはじめとする同社保有のメディアデータおよびプロフィールデータを供給するソリューション。一方「Data Store」は、データ提供企業が売り出すデジタル広告配信セグメントを、広告会社や事業主を中心としたセグメント購入希望者が自由に選び、購入できるプラットフォームである。

「VR LINC」と「Data Store」との連携スキーム
「VR LINC」と「Data Store」との連携スキーム

 今回の接続により、オフライン行動を加味した配信セグメントが使いやすくなり、より多くの場面でセグメントを購入・利用することが可能に。具体的には、「Data Store」利用者はFacebook広告などで同社との個別契約なしに、「Data Store」を通して同社のデータを基にしたデジタル広告配信セグメントを購入・利用することができる。

【関連記事】
DACの「AudienceOne」、「LiveRamp」と連携 ID統合マーケティングを強化
雑誌広告の効果とは?ビデオリサーチが日本雑誌協会、日本雑誌広告協会と共同で38誌を対象に調査
電通とビデオリサーチ、生活者のメディア接触習慣を7つの族と30のメディアライフスタイルに類型化
最適なユーザーセグメントを実現!「Ameba」が英Armのカスタマーデータプラットフォームと連携
DAC、「AudienceOne」上でのデータ取引を開始 施策に応じたセグメントデータ購入が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/27 12:34 https://markezine.jp/article/detail/29431

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング