SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロアド、モメンタムと連携しSSPのアドフラウド対策を強化 「飛ばし裏広告」の自動検知が可能に

 マイクロアドは10月18日、SSP「MicroAd COMPASS」において、モメンタムが提供するアドフラウド対策ソリューション「Black Heron(ブラックヘロン)」を導入。「飛ばし裏広告」と類型されるアドフラウドの検知を開始した。

 「Black Heron」は、インターネット広告の取引をモニタリングし、不正広告を自動で検知するソリューション。アドフラウドを排除した安全な広告配信を実現する。

 一方「飛ばし裏広告」とは、まとめサイトをはじめとする特定のサイトにおいて、第三者のアダルトサイトなどから強制的にユーザーを遷移させる広告のことを指す。アクセス数を増加させ、不正に広告収益を獲得するアドフラウドの手法のひとつだ。

 今回の取り組みによって、同社のSSPを利用する広告主やDSP事業者は、不正に広告費を搾取するサイトへの広告配信リスクを軽減できるようになった。

【関連記事】
ドメインやURLを詐称するサイトをリアルタイムに検知!マイクロアドのSSPサービスに新機能が追加
マイクロアド、「BrandSAFE list」の提供を開始 ブランドセーフティーの取り組みを強化
IPアドレスでターゲティングできるDSP「どこどこad」がマイクロアドのSSPとRTB接続を開始
マイクロアドのSSP「MicroAd COMPASS」、強制リダイレクト広告の検知対策をスタート
マイクロアド、ソフトブレーン・フィールドと業務提携~O2Oマーケティング支援事業をスタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/19 08:00 https://markezine.jp/article/detail/29514

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング