SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CTC、Pitney Bowesのソフトウェアを活用した顧客データ統合ソリューションの提供を開始

 伊藤忠テクノソリューションズは、顧客情報管理などを行うPitney Bowesのソフトウェア「Spectrum Technology Platform」を活用した顧客データ統合ソリューションの提供を開始した。

同ソリューションの機能イメージ
同ソリューションの機能イメージ

 同ソフトウェアは、基幹系システムや情報系システムといった、企業内で個別に管理されている顧客データを統合し、クレンジングやマッチング処理で高品質なデータを生成するもの。同ソフトウェアでは、位置情報による近さや場所に基づいた検索やデータの抽出、外部から取り込んだ統計情報や災害情報との連携なども同一プラットフォーム上で実現でき、データ分析の準備にかかる期間を短縮できる。

 また、位置情報や地図情報と連携した地理的な傾向を可視化するロケーション・インテリジェンスの機能によって、たとえば、店舗やサービス拠点周辺の有料顧客の特定や、複数の店舗で行うエリアマーケティング、気象情報と災害情報を組み合わせた情報提供サービスなどが可能になる。

 なお同社は、同ソフトウェアの提供に合わせて、コンサルティング、設計、インフラ構築も含めた導入支援、設定や保守といった運用支援、既存システムや外部データベースとの連携などのサービスを提供する。

【関連記事】
CTC、トイレの空き状況を確認できる「IoTトイレ」を開発
CTCとアサヒビール、クラウド型予測分析ソフト活用した飲食店向けビッグデータ分析の協業を開始
CTC、インフォマティカ製品を活用してデータ統合ソリューションを提供
CTC、Tableau Software製品を利用したBIソリューション提供
CTCがデジタルフォレストと販売代理店契約、Webログ解析ソリューションビジネスへ本格参入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/25 15:30 https://markezine.jp/article/detail/29562

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング