SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通テックと電通ライブ、LINE ビジネスコネクトを活用したイベントデータマーケサービスを提供

 電通テックと電通ライブは、「LINE ビジネスコネクト」を活用したイベントデータマーケティングサービス「1/0(ワンゼロ)TYPE EVENT」の提供を開始した。

 同サービスは、イベントや展覧会における来場者と未来場者の行動データを蓄積し、活用できるもの。これにより、来場者と未来場者をセグメントした1to1コミュニケーションの推進と、イベントや展覧会を起点にしたCRMが可能になる。

 たとえば、「イベント・展覧会満足度調査」「商品購入オファー」「クーポン配信」「ブランディングコンテンツ」といった、様々なCRMアプローチを実施することができる。

 また、同サービスを活用することで、イベントや展覧会をきっかけにLINEの友だちを獲得することも可能。加えて、イベント開催の主な目的である「来場・体験・話題の拡散」から、将来的な購買行動および顧客化に至るマーケティングフローまで施策効果を広げられるため、イベント・展覧会がいかに顧客を獲得できたかという視点でのKPI策定、効果検証が実現する。

【関連記事】
位置情報の活用で店舗集客を促進!電通テック、リテール向けにエリアマーケのワンストップサービスを提供
電通テック、LINE活用のイベントマーケティングサービスを提供 来場前~後まで属性に応じた訴求を実現
電通テック、「マイデータ・インテリジェンス」を設立 IDベースマーケティングを強化
電通ライブとバスキュールが音声ARシステムを開発~データ・位置情報に基づいた音声情報の提供等が可能に
MAシステム「カスタマーリングス」、LINE ビジネスコネクトと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/13 17:00 https://markezine.jp/article/detail/29726

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング