MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「礼儀」もなくて、マーケターが務まるんですか?広告代理店・ベンダーと真にパートナーとなる方法

2018/12/04 08:00

 広告代理店・ベンダー側であるアイ・エム・ジェイから広告主側である三井住友カードへ移り、両方の立場を経験する福田氏が広告主の取るべきスタンスと行動について解説する本連載。今回は両者が持っておくべき「礼儀」について解説します。

礼儀作法、気にしていますか?

 こんにちは、三井住友カードの福田保範です。「『広告代理店・ベンダーが広告主に抱くイライラベスト3』から学ぶ、広告主が取るべきスタンス、行動とは」、第2回を迎えました。第1回のイライラは「想いが無い」という内容で書きました(前回記事はこちら)。

 この連載、今までありそうでなかった視点みたいで、多くの方から様々な声を頂きました、ありがとうございます。「この話はデジタル広告に限った話ではない」「共感できる」「こんなのは理想論であって、賛同できない」など感じるところはそれぞれかと思いますが、改めて考えるきっかけになっていることがうれしく思います。

 さて、第2回は「礼儀」に焦点を当てます。第1回が「想い」だったので、精神論みたいな話が続きます。結局人と人のやり取りですから、こういう基本が大事であると私自身も書きながら再認識しつつ、書かせていただきます。お付き合いください。

 さて、広告主の皆さんにお聞きします。

 「広告代理店やベンダーの方とやり取りする時、気にしている礼儀作法はありますか?」

 きっと、人それぞれでしょう。しかし、意外と「これと言って思い浮かばない」という方が多いのではないでしょうか。

 今回は、私が気にしている礼儀作法を思いつく限り書こうと思いますので、ぜひ参考になればと思い書かせていただきます。

今こそ発注と受注の関係を超えたパートナーに

 広告代理店やベンダーに勤めている、もしくは勤めていた方の中に、下記のようなクライアントに出会ったことはある方はいませんか。

・礼儀がない

・仕事をおもしろくする気がない(やる気がない)

・高圧的

・提案をさせるだけさせてくる

 これらのクライアント、「いたいた」と思った方もいるのではないでしょうか。確かに、お金を払うのはクライアントである広告主です。でも、お金を払っているのは会社であって、あなたではない。なのに、どうしてそんなに偉そうなの? と、疑問に思っていました。これが、広告代理店・ベンダーが広告主に抱くイライラベスト3の2つ目です。

 あなたの会社のことを思って、業績を良くしようと一緒に戦っているとパートナーなのに、どうしてベンダー・広告代理店と広告主という関係になっただけで、いきなりベンダー・広告代理店の人間の立場が下になってしまうのでしょうか。

 これは間違いなく健全ではないので、そうならないよう、広告主としての立ち回りを考えてみましょう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5