SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

紙面の補足情報をARで表示!オプト、日経新聞社の「日経AR」開発支援でリアル×デジタルの体験を実現

 オプトの「drop: Phygital Marketing Lab(ドロップ:フィジタルマーケティングラボ)」(※)は、ARを活用した取り組みとして、日本経済新聞社が提供するアプリ「日経AR」の開発を支援した。

「日経AR」イメージ
「日経AR」イメージ

 「日経AR」では、新聞の紙面上に印刷された指定の「マーカー」を読み取るだけで、編集記事の詳細な解説動画を閲覧することができる。広告の場合は、掲載企業のサイトへ遷移したり、紹介する商品に関連した画像・動画をスマホの画面上に表示したりすることが可能だ。また、仮想物体も動かせるため、今までにないリアルな体験を提供するとともに、ユーザーとのコミュニケーションの活性化にも期待ができる。

 今回の開発にあたっては、オプトはアプリの要件定義からデザイン、運用フローの構築までを担当。アプリ開発においては、スターティアラボのAR技術を採用した。また、データマネジメントとして、オプトが提供するアプリプロモーション総合支援プラットフォーム「Spin App」を採用している。

 今後は同アプリにおいて「スタンプラリー機能」を実装するなど、より活用の幅を広げていく考えだ。

※ 「drop: Phygital Marketing Lab」:IoTやAI、VRなどを活用したサービスの開発などを行う1→10(ワントゥーテン)と、オプトが推進するプロジェクト。両社の知見やテクノロジーを掛け合わせ、リアルとデジタルが連動した体験を研究開発・提供する。

【関連記事】
CAアドテクスタジオのダイナミックリターゲティング広告、オプトの「Spin App」と連携を開始
オプト、慶應義塾大学と「位置情報マーケティング」の共同研究を開始/オムニチャネル市場を活性化
オプトの「Spin App」が「Repro」と連携 アプリデータを統合しリテンション施策へ応用可能に
オプト、宣伝会議と共同で「O2Oマーケティング研究会」を発足 小売業のデジタルシフト推進を支援
オプト、「Amazon戦略部」を新設 顧客企業のAmazonチャネルシフト支援サービスを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/21 13:30 https://markezine.jp/article/detail/29794

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング