SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

潜在顧客の発掘が可能に!電通デジタル、「True Target Discovery」を提供開始

 電通デジタルは、デジタル広告の配信結果をもとに広告効果の高いターゲットを発掘する「True Target Discovery(トゥルー・ターゲット・ディスカバリー)」を開発、提供開始した。

 本サービスは、電通デジタルが開発した「True Lift Model(トゥルー・リフト・モデル)」の考え方を、潜在顧客の発掘に応用したもの。「True Lift Model」は、デジタル広告における広告効果をより正確に評価する新指標で、広告接触ユーザーの全CVRの中から、広告接触がなくても自然とコンバージョンに至ったであろうユーザーのCVRを適切に差し引き、これを「True効果」として検出・評価するもの。

 「True Target Discovery」では、電通グループ独自のPeople Driven DMPを最大限に活用し、「True効果」を導き出していく。具体的には、広告配信結果とウェブサイト来訪者を分析し、実際に広告を見て来訪したユーザー群と、広告を見なくても来訪したであろうユーザー群に統計的に切り分ける。その後、広告を見ることなく自然と自社サイトに来訪したであろうユーザー群を適切に差し引いた上で、ウェブサイト来訪率や申込率などをユーザーの行動転換率として算出する。

 People Driven DMPの持つ属性データに、後から紐づけすることも可能だ。そのため、配信時には利用していないターゲティング属性も含めて、後付けで各属性の広告効果を可視化し、広告接触により態度変容しやすいターゲットを発掘することができる。

 広告接触によって態度変容しやすい属性に着目した分析ができ、想定外のミドルファネルのターゲット像の発見や、広告に親和性の高いユーザーに絞った広告配信が可能になる。これにより、ミドルファネルにおいてより本質的なインサイトに基づいたコミュニケーション設計を実現する。

「True Target Discovery」による分析の特徴
「True Target Discovery」による分析の特徴

【関連記事】
Instagramに最適な動画広告を半日で制作!電通デジタル、「DD IG SUMMIT」を提供開始
感情×行動データで最適なCRM施策を!電通・電通デジタルがEmotion Techと新サービスを開始
電通デジタル、BtoB企業のブランド力指標を基盤にしたマーケティングのコンサルティングサービスを開始
インフルエンサーのセンスを活かす!電通デジタル、動画広告制作・配信ソリューションをリリース
純粋な広告効果が測定可能に 電通デジタル、新評価モデル「True Lift Model」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/27 14:15 https://markezine.jp/article/detail/29828

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング