MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AIが最適な広告枠やタイミングを推測!Logicad Video AdsにCPCV最適化機能が追加

2018/11/28 17:30

 ソネット・メディア・ネットワークスは、「Logicad Video Ads」において、視聴完了単価(以下、CPCV)の最適化機能を新たに追加した。

 最適化機能は、動画広告視聴データをもとに、同社開発のAI「VALIS-Engine」によって、動画広告視聴完了の可能性が高い広告枠・タイミング・人を推測。目標とするCPCVを達成する広告へ配信を実施する。

 これにより、従来よりも費用対効果の高い広告配信が可能となる。また動画広告の視聴完了者、未視聴者に対して、広告認知率やブランド認知率など、広告効果を調査する「ブランドリフトサーベイ」を実施することも可能だ。

CPCV最適化機能イメージ
CPCV最適化機能イメージ

【関連記事】
DSP「Logicad」に「ads.txt」による制御配信機能が追加 SSPと一致しない広告を除外
DSP「Logicad」、「アウトブレイン」との接続を開始 利用可能なレコメンド広告枠が大幅に拡大
精度高いBtoBマーケが可能に!DSP「Logicad」、ランドスケイプの企業データベースと連携
ソネット・メディア・ネットワークス、「Logicad」の動画メニューを拡充 広告効果の測定も可能に
ネイティブ広告の素材で複数サイズのバナー作成が可能に!DSP「Logicad」に新機能が搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5