MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「百度」の日本からのPVの97%が男性、中国版YouTube「優酷網」も人気【ネットレイティングス調査レポート】

2008/03/26 19:30

 今回の調査では、「百度(Baidu)」は、日本語版のbaidu.jpと中国語版のbaidu.comを、「優酷網(Youku)」は中国語版のyouku.comを集計対象としている。ネットレイティングスが発表した資料によると、「百度(Baidu)」全体に対する、日本の家庭のPCからの2月の利用者数は71.3万人。日本語版スタートのニュースにわいた1月の96.1万人より減少しているものの、訪問回数の多い本来の検索ユーザーは着実に増加しているという。

 また中国の動画共有サイト「優酷網」も2007年末から急速に利用者を増やし、2月の利用者は65.3万人。この勢いはYouTubeやニコニコ動画の知名度が上がり人気化したころの状況に似ているという。

 「百度」は、中国最大手の検索サイトで、Web検索だけではなく画像、映像、音楽ファイル検索が充実しており、既存の検索サイトに比べると画像と動画の利用比率が高いのが特徴。実際、同サイトの画像検索利用者は29.2万人で全訪問者の41%、動画検索も全体の21%にあたる15万人が利用している。また、日本語版では提供されていないMP3検索も中国語版(baidu.com)から1割弱が利用している。

「百度」、「優酷網」の利用者属性 (2008年2月、家庭のPCによるアクセス)
※画像はプレスリリースより転載。

 利用者特性をみると、「百度」は利用者の77%が男性となっており、男性1人あたりの平均利用ページビュー数が女性より圧倒的に多いため、総ページビューベースでは実に97%が男性による利用で占められている。一方「優酷網」には、日本のアニメやドラマが数多くアップロードされており、29歳以下の若年層が全体の6割近くを占める要因のひとつとなっている。

 同社代表取締役社長兼ニールセン・オンラインチーフアナリストの萩原雅之氏は「百度は画像、動画検索が注目されているが、知名度が上がりWeb検索の利用増加によって、寡占状態にある日本の検索市場においても存在感を増す可能性がある。百度の動画検索結果には、優酷網の動画ファイルも数多く表示されるため、こちらも知名度が高まることが予想されるが、著作権上問題のあるコンテンツが既存の動画共有サイトよりも多くアップされているため、コンテンツホルダーも対策を迫られそうだ」と述べている。

【関連リンク】
「百度」日本上陸から2か月、画像・動画検索で国内サイトを圧倒
「ユーザーニーズを最も重視する」 百度が考える日本市場戦略
「百度」が検索エンジンランキングで世界第3位、4強時代の始まり?【comScore調査】
中国から世界の検索市場へ、百度が日本向けサイト「Baidu.jp」を本格オープン
中国の高学歴ネットユーザー市場では、「Googleな人」と「百度な人」の割合は互角【CNNIC2007年検索市場レポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5