SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMP、専門メディアと協業で自動車業種に特化したマーケティング・ソリューションを提供!

 博報堂DYメディアパートナーズは、自動車業種特化型マーケティング・ソリューション「カテゴリーワークス Mobility」の提供を開始した。なお提供にあたり、自動車専門ニュースメディア「レスポンス」を運営するイードと協業している。

 自動車は商品単価が高く、購買関与度が非常に高い商品。そのため最近では、商品選択にあたり、ネット上で情報探索を行う生活者が増えており、企業サイトだけではなく自動車専門メディアにも注目が集まっている。また、商品選択の幅が増加するとともに、CASE(※1)やMaaS(※2)などが加わることで、市場は一層複雑化し、専門メディアの重要性が高まることが予想される。

(※1)自動車市場における商品構造からビジネスモデルまでの変革のこと
(※2)自動車を移動手段としてだけでなく、個人の利便性を高めるサービスと位置付ける概念

 このような状況に対応し、自動車におけるマーケティングを次世代化するため、同社は、博報堂DYグループのマーケティングデータ基盤である「生活者DMP」と、自動車専門ニュースメディア「レスポンス」のオーディエンスデータを連携し、同ソリューションを開発した。

 同ソリューションは3つの機能を持つ。1つ目は、市場把握からマーケティング戦略における機能。同ソリューションには、過去十数年分の記事の閲覧データが蓄積されており、これらを分析する事で、日本の自動車市場のトレンドや、競合他社の動向とその評価を把握できる。

 2つ目は、コンテンツ制作・クリエイティブ開発の機能。同社のマーケティングスタッフ・クリエイティブスタッフと、専門メディアの編集チームが共同で、戦略に沿ったコンテンツやメディア制作、広告クリエイティブ開発を行う。

 3つ目は、メディアプラニング・広告配信の機能。サイト来訪者の記事閲覧状況から、どのようなメーカー・車種に興味があるのかを把握することで、従来のターゲティングでは実現できない細かなセグメント設計を実現。それぞれの興味軸や検討度合いに応じたクリエイティブを対象者へターゲティング配信することで、顧客を育成し、店頭や企業サイトへ効率的に送客することが可能になる。

 同社は「レスポンス」との協業を皮切りに、他自動車専門メディアとの連携や、クライアントである自動車メーカーが保有する1stパーティデータ、自動車保険/車検/走行データやディーラー来店データなど、自動車に関連する様々なデータと幅広く連携していく予定だ。

【関連記事】
博報堂DYMPと博報堂DYデジタル、ECに特化した「メディア専門チーム」を新たに発足
博報堂DYMP、テレビ・オンライン・SNSを統合した広告商品「PIE」を提供 最適メディア配分を提案
博報堂DYグループ、「TV Cross Simulator」対応メディアにInstagramを追加
DACと博報堂DYMP、バーティカルメディアと協業/業種特化型のマーケティングソリューション開発へ
博報堂DYMP、テレビ実視聴ログとWebデータを連携させる「データドリブン型テレビスポット」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/29 17:00 https://markezine.jp/article/detail/29862

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング