SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、 各種法人向けサービスをリニューアル!「LINE公式アカウント」において新プランの提供も

 LINEは、同社が運営する「LINE」および「LINE」関連サービスを活用した各種法人向けサービス「LINE Biz-Solutions」のサービスリニューアル「リデザイン」を本格始動した。加えて「LINE公式アカウント」において、新プランの提供を開始した。

 同社はこれまで、「LINE公式アカウント」「LINE ビジネスコネクト」「LINE カスタマーコネクト」「LINE@」といった各種法人向けLINEアカウントや、運用型広告「LINE Ads Platform」、店頭販促特化型ソリューション「LINE Sales Promotion」などの各種法人向けLINEサービスを通じて、企業とユーザーの情報接点を提供してきた。しかし、これまでは各サービス間での連携が薄く、それぞれのソリューションが持つユーザーデータを活かしきれていないという課題があった。

 そこで、これまで各ソリューションごとに分断されていたユーザーデータを統合し、最適なコンテンツ・サービスを訴求することで、企業とユーザーの長期的な関係性構築を目指す「リデザイン」を実施。今後は「LINE Account Connect」、「LINE Ads Platform」、「LINE Sales Promotion」を中心としたサービス展開を行う。また、これらの総称を「LINE Biz-Solutions」とし、サービスロゴを刷新した。

 また同社では来春、大手企業向けに展開してきた「LINE公式アカウント」を、中小企業・店舗向けに展開してきた「LINE@」と統合する予定だ。これにより、サービス間の機能差を是正。企業はより多様な機能を利用しやすく、ユーザーはより多くの企業からの適切な情報取得が可能になる。

 今回の「LINE公式アカウント」における新プラン提供は、このアカウント統合を見据えたものである。新料金プランでは、「LINE公式アカウント」の利用が月額0円から利用可能に。なお、これまでの「API型公式アカウント」「LINE ビジネスアカウント」「LINE カスマーコネクト」はすべて「LINE公式アカウント」に統合され、各機能は「LINE公式アカウント」のAPIオプションとして提供される。これにより企業は、従来のようなメッセージの一斉配信だけでなく、CMS上のターゲティング配信やAPI配信をより積極的に活用できる。

【関連記事】
LINE、ダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」を提供開始
LINE Pay、新戦略「LINE Pay Global Alliance」を発表!
タクシー料金の支払い/割り勘をLINE上で完結!「LINE Pay」、JapanTaxiと提携
「LINEリサーチ」、LINE Beaconを利用した「位置連動型リアルタイム調査」を開始
スターバックスが成長戦略を発表 Uber Eats導入/LINEと戦略的提携へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/04 09:30 https://markezine.jp/article/detail/29890

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング