MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ABEJAがGoogleから資金調達 AI市場の拡大を目指し協業

2018/12/05 12:00

 ABEJAは、Googleなどを新規引受先とした第三者割当増資を行った。今回の出資により、同社の累計調達額は約60億円となった。

 同社はディープラーニング技術の活用を通じて、ビジネスのイノベーションを促進する企業。AIプラットフォーム「ABEJA Platform」や、同プラットフォームを用いた小売流通業界向け店舗解析サービス「ABEJA Insight for Retail」を提供している。

 また同社とGoogleは、小売業や製造業といった分野において、AI・ディープラーニング領域での協業を開始。両社は日本におけるAI市場の拡大に向け、AIの社会実装を推進していく。

【関連記事】
三陽商会とABEJAが提携 小売り・流通業界のデジタル化を促進し、AIを活用した顧客体験の創出へ
CA、ABEJAと合弁会社を設立~広告から集客、購買までのワンストップ分析を可能に
AIの継続的インテグレーションを実現!「ABEJA Platform」正式版がリリース
ABEJAと武蔵精密工業が協業~ディープラーニング技術を活用した検品自動化に関する実証実験を実施
日経リサーチとABEJAが業務提携 AIを活用したソリューションサービスの創出・提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5