SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AIを活用したマーケティング支援を行うWACULがリコーと協業 中小企業のデジタル変革支援を加速へ

 デジタルマーケティングの自動化を推進するWACUL(ワカル)は、事業会社を中心とした5社および金融機関2行から総額5.6億円を調達。また、これにともない、同ラウンドのリードインベスターであるリコーと協業契約を結んだ。

 WACULはこれまで、デジタルマーケティング領域での課題を抱えている中小企業を中心に、Webサイトにおける顧客獲得最大化のためのUI/UX改善提案を行うツール「AIアナリスト」を提供してきた。

 今回の取り組みを通して同社は、同ツールを軸としながら、「デジタルマーケティングの自動化範囲の拡大」「ケイパビリティの流動化」「届け方の多様化」の3軸で、同社の掲げるビジョン「テクノロジーでビジネスの相棒を一人一人に」の実現を目指す。

 また、リコーとの協業によって、リコーが保有する中小企業向けソリューションおよび顧客リーチを活用した中小企業向けのデジタルトランスフォーメーション支援を加速。加えて、マイナビ・TISの両社とも連携し、各社の保有する顧客およびソリューションと、親和性の高いプロダクトの共同開発を行っていく。

【関連記事】
WACULの「AIアナリスト」に新機能 Web広告で獲得した資料請求などの受注率が分析可能に
SEOで狙うべき検索キーワードを自動で提案!WACUL、「AIアナリスト」に新機能搭載
WACULの「AIアナリスト」、「異常検知分析」機能を追加 CVに影響及ぼす異常を発見
ヒトクセ、リコーと協業し、VR・AI技術を活用した「360°バナー広告」事業を開始
リコーとマイクロソフト、「オフィス復興支援パック」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/12 16:45 https://markezine.jp/article/detail/29956

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング