SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユーザー毎に最適なタイミング&クリエイティブを実現!「Robee」が「AudienceOne」と連携

 Macbee Planetは、同社が提供する「Robee」において、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)が提供するDMP「AudienceOne」との連携を開始した。

 「Robee」は、CPA運用型広告の課題を抽出し、運用効率の最大化を実現するデジタルマーケティングツール。掲載サイトごとにフォーカスし、LPの直帰率や流入数、読了率、コンバージョン率といった獲得効率を可視化することができる。

 一方「AudienceOne」は、月間4.8億ユニークブラウザと9,000万のモバイル広告ID、1兆レコード以上のデータを保有し、そのデータを解析して3rdパーティデータを提供するデータ・マネジメント・プラットフォーム。

 今回の連携では、「Robee」が「AudienceOne」の分析データを基に、メディアの先にあるユーザー属性や購入プロセスを可視化。さらに、ユーザー心理を照合し、流入経路別に親和性の高いクリエイティブを自動判別することにより、細やかなLPO運用を可能にする。

 たとえば「しみ 化粧品 安心」と検索した女性が来訪した場合は、より信頼性を訴求したクリエイティブが相応しいと考えられる。「Robee」は、Data Analytics機能を活用し、指定メディア、ユーザー居住地、年齢、ユーザー属性、訪問回数、心理状況等の情報の掛け合わせを用い、最も効果的と考えられるコンテンツの自動検証を行う。これにより、サイトごとに最適なクリエイティブを表示することができ、効果的で効率的なプロモーションを実施することが可能になる。

【関連記事】
DACの「AudienceOne」、凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」のDMPと連携開始
DAC、「AudienceOne」上でのデータ取引を開始 施策に応じたセグメントデータ購入が可能に
DACの「AudienceOne」、ブログウォッチャーのスマホ特化型プラットフォームと連携を開始
DACの「AudienceOne」、「LiveRamp」と連携 ID統合マーケティングを強化
DACの「AudienceOne」、「b→dash」とデータ連携 クロスデバイスのユーザー分析可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/14 11:45 https://markezine.jp/article/detail/29979

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング