SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Instagramのハッシュタグ利用状況を分析!トライバルメディアハウス、「#Finder」を提供

 トライバルメディアハウスは、Instagramユーザーのハッシュタグ利用状況を把握・分析するサービス「#Finder(ハッシュタグファインダー)」の提供を開始した。

 Instagramには様々な商品・サービスの情報が投稿され、ユーザーの4人に1人がハッシュタグ検索で情報を収集している。一方、企業やブランドの担当者は、ユーザーがどんなハッシュタグをどのように活用しているのかを、目視でしか確認・分析できない。同社はこうした状況に着目し、同サービスの提供に至った。

「#ランニング」で収集・分析したレポートのサンプル(タップして拡大)
「#ランニング」で収集・分析したレポートのサンプル(タップして拡大)

 同サービスでは、対象のハッシュタグについて、1万件分を収集・分析した上でレポートを作成。これにより、自社のサービスやブランド、商品がユーザーからどのように語られているのかを把握できる。また、対象のハッシュタグと相性の良いハッシュタグを発見し、SNS運用に役立てられる。

 さらに、市場や時事ワードなどのハッシュタグから、キャンペーン企画や設計のヒントを得たり、競合のブランドや商品、キャンペーンのハッシュタグを分析したりすることも可能。企業やブランドの担当者は、マーケティング戦略や、多様なデジタルコミュニケーション施策の企画・立案・実施に利用できる。

【関連記事】
トライバルメディアハウス、ファンイベント支援ツール「Co-meeet」リリース
イベントきっかけに友だち獲得 SnSnapとトライバル、LINE活用した新サービスをリリース
トライバルメディアハウス、人工知能活用したカスタマーサポート行うソリューションの提供開始
トライバルメディアハウス、LINE ビジネスコネクトを通じたカスタマーサポートサービスの提供を開始
トライバルメディアハウス、サマーソニックの「オーディオテクニカ」ブースのVR映像をプロデュース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング