SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大手広告プラットフォーム間の予算を最適化!SOPHOLA、「AdScale AI」の国内提供を開始

 国外のマーケティングテクノロジーを活用したコンサルティング・アウトソーシングサービスを提供するSOPHOLA(ソフォラ)と、オランダのAdScale(アドスケール)は12月25日、AdScaleのマルチプラットフォーム自動最適化サービス「AdScale AI」の日本国内における提供を開始した。

 これまでAdScaleでは、リスティング広告の自動最適化サービス「AdScale」を通じて、企業の支援を行ってきた。今回、同社は上記サービスに2つの新機能を追加し、新サービスとしての提供を開始した。

 1つ目の機能は、「Multi-Platform(マルチプラットフォーム)」。同機能では、「AdScale」の広告予算配分機能をFacebook広告にも適用することで、Google広告とFacebook広告間の広告予算配分の最適化が行えるようになった。

「AdScale AI」機能概要

 また、2つ目の機能「Multi-Goals(マルチゴール)」においては、これまでのように購入ファネル下部の「資料請求」「商品購入」といったサイト内最終目標の最適化だけでなく、購入ファネル上部にあたる「ブランド・商品の認知獲得」「サイト流入」の最適化にも対応。これによって、購入ファネル全体の最適化が可能になった。

【関連記事】
SOPHOLA、リスティング広告自動最適化サービス「AdScale」の国内提供を開始
広告主の70%がテレビ予算を削減、動画広告にシフト【AOLプラットフォームズ・ジャパン調査】
サイバーエージェント「AI Lab」、静岡大学と産学連携へ~広告予算配分・最適化配信技術を共同研究
旅行予約サイト向けにCriteoエンジン機能刷新~予測消費額が高い消費者への広告予算傾斜が可能に
Fringe81、ボルツマンウェイト理論を使ったネット広告予算の最適配分サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/25 15:30 https://markezine.jp/article/detail/30041

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング