SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEとエムスリー、新会社LINEヘルスケアを設立 2019年中に遠隔健康医療相談サービスを開始へ

 LINEとエムスリーは、オンライン医療事業を目的とした共同出資による新会社「LINEヘルスケア」を設立した。

 LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」を入り口に、生活のすべてが完結する「スマートポータル」の実現を推進している。またエムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬業界を中心にマーケティング支援や治験支援を展開している。

 新会社では、「LINE」の国内月間利用者数7,800万人のユーザーベースに加え、「m3.com」における27万人以上の医師会員と16万人以上の薬剤師の会員基盤を活用する。また、エムスリーグループが一般生活者向けのソリューション事業で培った、医療分野における知見やノウハウを活かし、「LINE」を利用した医療に関するQ&Aやオンライン診療をはじめとするオンライン医療事業を展開していく。

 同社では2019年中に、遠隔健康医療相談サービスの開始を予定しているほか、法整備の進展に応じて、「m3.com」の薬剤師会員基盤を活用した処方薬の宅配サービスなども検討していく。

 将来的には、病院での待ち時間の解消や患者の日常生活における実態を把握した上での医療の実現など、医療業界の課題解決に向けたサービスの提供を目指す。

【関連記事】
10代~20代女性の半数以上が毎日「LINE」を使っている【モバイル社会研究所調査】
ネットの利用環境、女性の約6割がスマホのみ タブレットも増加傾向【LINE調査】
LINEがCyberACE、GMOアドパートナーズ、ソウルドアウトと戦略的パートナーシップ契約を締結
LINEが新サービス「SHOPPING GO」を発表/導入店舗のオムニチャネル化を推進
LINE、スターバックスと業務提携を締結 デジタル領域におけるイノベーションを加速化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/08 17:45 https://markezine.jp/article/detail/30079

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング