SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インティメート・マージャーのDMPと「activecore marketing cloud」が連携

 インティメート・マージャーが提供する「IM-DMP」と、アクティブコアの「activecore marketing cloud」が連携を開始した。

 「IM-DMP」は、約4.7億のオーディエンスデータを持ち、様々なツールと連携することができるDMPだ。また、企業が保有する1stパーティデータと「IM-DMP」が保有するオーディエンスデータを併せて利用することで、自社のデータだけでは難しいユーザー行動の可視化や分析を可能にする。

 また「activecore marketing cloud」は、企業内に散在するデータを顧客軸で統合することで、顧客の可視化からOne to Oneコミュニケーションにつなげるサービスを提供している。

「IM-DMP」と「activecore marketing cloud」の連携イメージ
「IM-DMP」と「activecore marketing cloud」の連携イメージ

 今回の連携により、企業のマーケティング担当者は「activecore marketing cloud」において、自社が保有するデータに加え「IM-DMP」のオーディエンスデータを利用することで、自社では獲得できないライフスタイルや興味・関心といったデータの活用が可能に。これにより、適切なタイミングで適切な内容を基にした顧客へのOne to Oneコミュニケーションを取ることができる。

【関連記事】
楽天西友ネットスーパーがアクティブコアの統合型ソリューションを採用 購買傾向などを容易に可視化
アクティブコア、データ統合ソリューションに新機能を実装 選択したデータを手軽に出力することが可能に
アクティブコア、自社開発のマーケティングAIエンジン「ピタゴラス」を発表
インティメート・マージャー、成果報酬型ディスプレイ広告運用サービスを提供開始
インティメート・マージャーが米Drawbridgeと連携 クロスデバイス技術活用でDMPの精度を向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/16 13:00 https://markezine.jp/article/detail/30145

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング