SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』データで読み解く

SNSユーザーのインフィード広告に対する印象値

 SNSのタイムラインの間に表示される“インフィード広告”が昨今よく利用されている。ユーザーはこのインフィード広告に対してどのように感じているのだろうか? 男女15〜59歳のスマホ所有者のうち、インフィード広告が表示される主要なSNSのいずれかの利用者を対象に調査した結果を報告したい。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2019年1月25日刊行の定期誌『MarkeZine』37号に掲載したものです。

SNSの利用者層と使い方

 まずはSNSの利用状況を確認しよう。当調査では、日本国内においてユーザー数が多いLINE、Twitter、Instagram、Facebookに加え、動画共有サービスとして人気のYouTube、そして最近若者を中心に利用者が増えているTikTokを含む6つのサービスをSNSとしている。

 利用率が最も高かったものはLINEだ。全年代で1位であり80%を超え、スマホユーザーにとってLINEは必須の存在となっているようだ。また、15〜19歳の特徴に注目すると、他の年代と比較して利用率が突出しているのがYouTube、Twitter、TikTokであった。TikTokは10代に人気があると言われているが利用率は17%とまだまだ高いとは言えない。逆に利用率が低いものはFacebookで、他の年代の半分以下となっている(図表1)。

図表1 性別年代別にみたSNSの利用率ベース:全体(n=1,000)/複数回答
図表1 性別年代別にみたSNSの利用率
ベース:全体(n=1,000)/複数回答

※ YouTubeにおいては、正確にはインストリーム広告などになるが、ここではコンテンツに入りこむ広告として取り上げる。

▼調査レポート
『インフィード広告に対するSNSユーザーの印象とは?SNSや広告の種類別に調査』(HoNote)
この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
どのようなインフィード広告を見ている?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』データで読み解く連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マクロミル(マクロミル)

高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティングリサーチのリーディングカンパニー。生活者のインサイト把握やデジタルマーケティング施策の広告効果測定など、マーケティング課題解決に向け最適なソリューションを提供。世界21カ国、50の拠点を展開し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指す...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/25 15:00 https://markezine.jp/article/detail/30150

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング