MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SNSユーザーのインフィード広告に対する印象値

2019/01/25 15:00

 SNSのタイムラインの間に表示される“インフィード広告”が昨今よく利用されている。ユーザーはこのインフィード広告に対してどのように感じているのだろうか? 男女15〜59歳のスマホ所有者のうち、インフィード広告が表示される主要なSNSのいずれかの利用者を対象に調査した結果を報告したい。

※本記事は、2019年1月25日刊行の定期誌『MarkeZine』37号に掲載したものです。

SNSの利用者層と使い方

 まずはSNSの利用状況を確認しよう。当調査では、日本国内においてユーザー数が多いLINE、Twitter、Instagram、Facebookに加え、動画共有サービスとして人気のYouTube、そして最近若者を中心に利用者が増えているTikTokを含む6つのサービスをSNSとしている。

 利用率が最も高かったものはLINEだ。全年代で1位であり80%を超え、スマホユーザーにとってLINEは必須の存在となっているようだ。また、15〜19歳の特徴に注目すると、他の年代と比較して利用率が突出しているのがYouTube、Twitter、TikTokであった。TikTokは10代に人気があると言われているが利用率は17%とまだまだ高いとは言えない。逆に利用率が低いものはFacebookで、他の年代の半分以下となっている(図表1)。

図表1 性別年代別にみたSNSの利用率ベース:全体(n=1,000)/複数回答
図表1 性別年代別にみたSNSの利用率
ベース:全体(n=1,000)/複数回答

※ YouTubeにおいては、正確にはインストリーム広告などになるが、ここではコンテンツに入りこむ広告として取り上げる。

▼調査レポート
『インフィード広告に対するSNSユーザーの印象とは?SNSや広告の種類別に調査』(HoNote)


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5