SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SNSユーザーを活用したマーケティング事業を行うレポハピ、1.3億円の資金調達を実施

 SNSユーザーのレイティング事業を手がけるレポハピは、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)、ハックベンチャーズ、三井住友海上キャピタル、三菱UFJキャピタル、りそなキャピタルを引受先とした1.3億円の第三者割当増資を行った。

 これによってレポハピは、企業の情報発信に貢献するユーザーとのつながりを強化する「SNSファンリレーション事業」の拡大に向け、サービスと体制の強化を行う。

「SNSファンリレーション事業」イメージ

 具体的には、地域のSNSアクティブユーザーをデータベース化する「地域ファンサイト事業」を立ち上げ、2019年3月にサービスを開始する予定だ。同事業では、地域で活動する口コミ力のあるユーザーをデータベース化し、それをレポハピと契約する企業にプロモーションリソースとして提供する。第1弾として「大阪 梅田エリア」でサービスを開始し、その後順次エリアを拡大していく見込みとなっている。

 レポハピはまた、同社の「SNSレイティングデータベース」を、クライアント企業が有する既存顧客データベースに外部接続する機能も開発・提供していく。

 その他、資本提携を結んでいるDACとともに、レポハピが有する「SNSレイティングデータ」の活用や、DACのデータ提供サービスにおけるノウハウの共有を通じた事業成長の加速を図る。また、SNSをアクティブに利用するユーザーと企業の新たな関係性を構築するファンマーケティング領域においても、同社との事業連携を進めていく。

【関連記事】
イーライフ、タイにおいて日本企業の口コミ施策を支援する「LA ViDA Thailand」を提供
中国のSNSでは、日本の「キッズ用品」に関する口コミ投稿が急上昇【トレンドEXPRESS調査】
ゲームアプリDLには家族や友人の口コミも影響/約3割が「1万円以上」を課金【テスティー調査】
約8割が口コミを参照/ネガティブな感想も購買意欲につながると判明【クロス・マーケティング調査】
商品バーコードから口コミにアクセス! KDDIのARアプリ、バージョンアップで連携機能を実装

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/24 07:00 https://markezine.jp/article/detail/30203

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング