SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

動画広告をあらゆるタイミングで配信!fluct、同社SSP内で動画配信アプリ向けの新サービスを開始

 VOYAGE GROUPの連結子会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開するfluct(フラクト)は、SSP「fluct」において、動画配信アプリのマネタイズに特化した「fluct instream video for app」の提供を開始した。

「fluct instream video for app」イメージ

 近年、ライブ配信やSNS、コマース、レシピ、ゲーム実況など、動画配信アプリ市場が急速に拡大している。一方で、動画配信アプリの収益化は広告モデルではなく、課金モデルが大半を占めているのが現状だ。

 「fluct instream video for app」は、広告モデルによって動画配信アプリの収益化を図るサービス。同サービスを活用することで企業は、動画コンテンツの再生前に挿入される「プリロール」やコンテンツの途中に挿入される「ミッドロール」、コンテンツ終了後に挿入される「ポストロール」、またライブ配信中への動画広告挿入など、あらゆるタイミングにおいてスムーズな広告配信が行えるようになる。

【関連記事】
広告以外の収益機会を拡充!fluct、提携メディアのクラウドファンディングサイト構築を支援
fluctのSSPがGrateful Video Adと連携/動画広告の拡充でメディアの収益を拡大
fluct、アプリ向け動画リワード広告の配信量を拡充 「AdColony」「Tapjoy」との連携で
fluct、SSPにMomentumのアドフラウド対策プラグイン「Black Heron」を導入
国内動画リワード広告市場、2022年には378億円規模に拡大と予測【fluct調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/25 07:15 https://markezine.jp/article/detail/30220

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング