SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JAA、「消費者が選んだ広告コンクール」の入賞作品を発表 デジタル広告ではそごう・西武がグランプリに

 日本アドバタイザーズ協会は、第57回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクールの入賞作品を発表した。

 同広告賞は、審査員に広告関係者を含まず、広告の受け手である消費者が、生活者の視点から審査を行う。今年度は、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、デジタル、屋外・交通の6部門において、1,409点の応募があった。応募作品は「好感、共感、親近感が持てる広告であるか」「わかりやすく、納得できる広告であるか」「オリジナリティが感じられる広告であるか」という審査基準のもと、109名の消費者審査員によって選考が行われた。

 最高賞のJAA賞グランプリは、味の素、日本ガイシ、SOMPOホールディングス、パナソニック、そごう・西武、東宝東和の各社が受賞。産業大臣賞には、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングが選出されたほか、70作品が入賞した。

 同広告賞の審査員⾧を務めた芳賀康浩氏は「例年に増して、『楽しい』『おもしろい』『明るい気持ちになる』『温かい気持ちになる』『希望がわく』という作品が高く評価された。2018年の漢字に『災』が選ばれたように、甚大な被害があった1年だった。このような時だからこそ、ストレートに上を向ける、前向きな気持ちになれる広告が消費者の心に刺さったのかもしれない」とコメントしている。

【関連記事】
読者が選ぶ・講談社広告賞、大賞にシャネル 新設のデジタル広告大賞は青山商事が受賞
オススメしたい好きなWebサイトは?トップ3はANA/味の素/無印良品に【トライベック調査】
SOMPOホールディングス、米国シリコンバレーの研究機関等と自動車のAI・ロボティクス分野研究で提携
パナソニックの社内カンパニー、BtoB領域の顧客接点「カスタマーエクスペリエンスセンター」を設置!
Hulu、東宝東和とコンテンツ・パートナー契約

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/24 16:30 https://markezine.jp/article/detail/30224

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング