SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

福岡ソフトバンクホークスとヤフー、オープン戦チケットをAI活用のダイナミックプライシングで販売

 福岡ソフトバンクホークスとヤフーは、福岡 ヤフオク!ドームにおいて開催されるオープン戦のチケットを、ダイナミックプライシング(価格変動形式)を採用した「AIチケット」として販売する。

「AIチケット」のイメージ
Webサイトのイメージ

 「AIチケット」は、需要と供給に応じてリアルタイムで価格が変動。ヤフーと三井物産の合弁会社であるダイナミックプラスのシステムを活用し、過去の販売実績データに加えて、リーグ内の順位や対戦成績、試合日時、席種、席位置、チケットの売れ行きといったデータから、試合ごとの需要を予測する。

「360度3Dマップビュー」のイメージ
「360度3Dマップビュー」のイメージ

 また、3Dコンピューターグラフィックにより、スタジアムの各座席からの眺めを体験できる「360度3Dマップビュー」を採用し、列の位置や通路側席、中席といった1席単位で販売価格を変動させる。

 「AIチケット」を採用したチケットの販売対象は全6席種で、対象席数は1試合あたり約1,500席。ヤフーとエイベックス・エンタテインメントによる合弁会社パスレボが運営する、「Yahoo!チケット」上で販売される。

【関連記事】
キットカットの受験生応援キャンペーン、今年は「移動」をサポート!ヤフー&東京メトロが協力
ヤフーの広告取引プラットフォーム、Amazon Publisher Servicesとの接続を開始
サイバー・バズ、ヤフーの新プラットフォームのパートナー企業に/インフルエンサーの活動を支援
ヤフーが新プラットフォームを開設/インフルエンサーの動画コンテンツをYahoo! JAPAN上に掲載
ヤフー、企業DB・IPアドレスと連携した「BtoBターゲティング広告」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/25 13:30 https://markezine.jp/article/detail/30231

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング