MarkeZine(マーケジン)

記事種別

福岡ソフトバンクホークスとヤフー、オープン戦チケットをAI活用のダイナミックプライシングで販売

2019/01/25 13:30

 福岡ソフトバンクホークスとヤフーは、福岡 ヤフオク!ドームにおいて開催されるオープン戦のチケットを、ダイナミックプライシング(価格変動形式)を採用した「AIチケット」として販売する。

「AIチケット」のイメージ
Webサイトのイメージ

 「AIチケット」は、需要と供給に応じてリアルタイムで価格が変動。ヤフーと三井物産の合弁会社であるダイナミックプラスのシステムを活用し、過去の販売実績データに加えて、リーグ内の順位や対戦成績、試合日時、席種、席位置、チケットの売れ行きといったデータから、試合ごとの需要を予測する。

「360度3Dマップビュー」のイメージ
「360度3Dマップビュー」のイメージ

 また、3Dコンピューターグラフィックにより、スタジアムの各座席からの眺めを体験できる「360度3Dマップビュー」を採用し、列の位置や通路側席、中席といった1席単位で販売価格を変動させる。

 「AIチケット」を採用したチケットの販売対象は全6席種で、対象席数は1試合あたり約1,500席。ヤフーとエイベックス・エンタテインメントによる合弁会社パスレボが運営する、「Yahoo!チケット」上で販売される。

【関連記事】
キットカットの受験生応援キャンペーン、今年は「移動」をサポート!ヤフー&東京メトロが協力
ヤフーの広告取引プラットフォーム、Amazon Publisher Servicesとの接続を開始
サイバー・バズ、ヤフーの新プラットフォームのパートナー企業に/インフルエンサーの活動を支援
ヤフーが新プラットフォームを開設/インフルエンサーの動画コンテンツをYahoo! JAPAN上に掲載
ヤフー、企業DB・IPアドレスと連携した「BtoBターゲティング広告」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5