MarkeZine(マーケジン)

記事種別

楽天、実店舗で購入した顧客にポイント付与が可能な成果報酬型広告「Rakuten Pasha」提供

2019/02/05 15:00

 楽天は、成果報酬型広告サービス「Rakuten Pasha(ラクテンパシャ)」の提供を開始した。

「Rakuten Pasha」のフロー
「Rakuten Pasha」のフロー

 同サービスは、メーカーなどの企業が、実店舗における自社商品のプロモーションをスマートフォンサイト上で展開できるもの。企業は、実店舗での商品購入を検討しているユーザーに、商品と対象期間を記載した日替わりクーポン「トクダネ」を提供。クーポンを取得したユーザーは、該当商品を購入した後、商品情報が印字されたレシート画像を送付することで、どの店舗で購入しても「楽天スーパーポイント」を獲得できる仕組みだ。

 企業は、商品情報やプロモーションの予算額、商品1点あたりのポイント付与上限額、クーポンの発行期間を設定することで、あらゆる店舗で販売される自社商品のプロモーションが可能。また、購入ごとにポイントを付与する成果報酬型を採用しているため、売り上げに連動した費用負担でO2Oのポイントマーケティングを導入できる。

 実店舗におけるマーケティングでは、物理的な制約や実施までのリードタイムが問題となり、セグメントを絞った施策の導入や購買ユーザーの属性理解に課題が生じていた。同サービスを活用すると、クーポン形式の広告配信から効果検証までを実行できるため、商品の販売促進に必要なマーケティング施策を、短期間で実行できる。加えて、購買を行ったユーザーの楽天IDに基づき、属性などのデータを分析することで、次回以降のマーケティング施策の見直しも可能だ。

【関連記事】
楽天グループ、ホームスタジアムを“完全キャッシュレス化”へ 「スマートスタジアム構想」を発表 
アドビの「Audience Marketplace」に楽天インサイトやビデオリサーチなど4社が参画
楽天、「次世代スマートスタジアム」実現に向けた5G実証実験を実施/ドローンがサービス提供する時代へ
ジャルパック、楽天トラベルがNPSで部門別1位を獲得/旅行の品質をユーザーは重視【NTTコム調査】
KDDIと楽天が提携 決済・物流・通信ネットワーク分野でサービス競争を促進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5