SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソネット・メディア・ネットワークスとKaizen Platformが協業 動画広告の新メニューを提供

 ソネット・メディア・ネットワークス(以下、SMN)は、「Logicad Video Ads」において、Kaizen Platformと協業し、AIを活用した高精度なターゲティング・セグメント作成から、分析データをもとにした最適な動画広告クリエイティブの制作までを一気通貫で行うメニューの提供を開始した。

(例)スーパーのチラシを素材とし、購買層に向けた動画広告の展開

 今回の協業では、対象商品に沿ったセグメントの作成を、広告配信の実績を持つSMNが担当する。動画広告クリエイティブにおいては、動画広告のパフォーマンス改善を行うKaizen Platformの「Kaizen Ad」と連携。目的やターゲット、配信するプラットフォームに合わせて、最適な動画広告クリエイティブを低コスト・短納期で制作する。

 SMNでは、「Logicad」「Logicad Video Ads」の配信実績をベースに、オーディエンスデータなどを分析後、「Webの行動履歴による興味・関心データ」「AI『VALIS-Engine』による高精度な予測技術をもとにしたユーザー拡張データ」などのセグメントを作成することが可能だ。

 また、広告配信においては、「Logicad Video Ads」が接続する「Google Ad Manager」をはじめとした豊富な動画広告在庫によって、幅広いユーザーへのリーチが行えるようになる。

【関連記事】
事前要望に応じた広告枠を確保!ソネット・メディア・ネットワークスが新サービスをリリース
ソネット・メディア・ネットワークス、「VALIS-Cockpit」の分析・可視化機能を拡充
ソネット・メディア・ネットワークス、「Logicad」の動画メニューを拡充 広告効果の測定も可能に
Kaizen PlatformとNTTアドが業務・資本提携に合意 クリエイティブワークのDXを推進
視聴率に基づきデジタルサイネージのクリエイティブを改善!Kaizen Platformがフェズと開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/14 07:30 https://markezine.jp/article/detail/30380

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング