SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

音楽ポータル「ナタリー」が英語版とFacebookアプリケーション版をスタート、海外製携帯での閲覧にも対応へ

 メジャーとインディーズの音楽情報を紹介するポータルサイト「ナタリー」は、2007年2月1日の開設以来、音楽ニュースの配信を中心に、ソーシャルブックマークやミニブログなど、さまざまなサービスを提供。2008年3月時点の月間PV数は約130万に達している。

 今回、日本の音楽情報を海外に伝えることを目的として、「ナタリー」の英語版「Natalie」を開設。世界中で10億人以上いるといわれる英語圏のリスナーを対象に、音楽を中心とした日本のポップカルチャー情報を紹介することが可能になる。

英語版の「Natalie」のトップ画面
※画像は、いずれもプレスリリースより転載。

 英語版の「Natalie」では、すべてのユーザーインターフェースを英語化し、日本の音楽情報を毎日英語で配信する。また、日本の音楽産業やポップカルチャー全般についてのコラムなど、英語版独自のコンテンツも提供。サービス開始当初は海外製の携帯電話によるアクセスはサポート対象外となるが、2008年中には正式対応を予定しているという。

 さらに、米国でMySpaceに次ぐ人気を誇るSNS「Facebook」に、ナタリーと同じ機能をアプリケーションとして提供。「Natalie」のウェブ版と同等の機能をFacebookのユーザーインターフェース内に完全に再現。Facebookの「News Feed」機能にも対応する予定で、自分が読んだ記事や、コメントした記事をユーザーのトップページにあるNews Feedに配信することで、自分のおすすめ記事を友人に教えることができる。

NatalieのFacebookアプリケーション版のニュース記事をFacebook内に表示させたところ

 Facebookアプリケーション版を利用するには、Facebookに会員登録・ログインした状態でサービス提供ページにアクセスし、画面下部にある「Add Natalie」ボタンをクリックする。

【関連リンク】
MS、Facebook上に日本向け広告の配信・販売をスタート
米Amazon、Facebookで「ウィッシュリスト」を利用できるツールを提供
MySpace、ユーザーの個人データを利用したSNSアプリ開発が可能なプラットフォームを日本展開

「Natalie」(英語版)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/03 11:52 https://markezine.jp/article/detail/3047

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング