MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYMPが「音声ニュースサービス」の実証実験を開始 新しいコミュニティの形成を目指す

2019/03/14 12:00

 博報堂DYメディアパートナーズは、地域密着型の音声ニュースサービスの実証実験を、2019年3月15日より開始する。

 本ニュースサービスのコンテンツの提供とサービスの運営については、河北新報社が行う。ナビゲーターと対話をしながら、ニュースをはじめとする音声コンテンツを提供していくことで、東北地方に暮らすすべての方々に寄り添う、新しいコミュニティの形成を目指す。

サービス構成イメージ
サービス構成イメージ

 本サービスでは、博報堂DYメディアパートナーズと東京理科大学 理工学部 大和田研究室が共同で開発した「ニュース記事自動要約システム」に改良を重ねたものを活用している。

 また音声体験の設計は、博報堂の博報堂Voice UIプロジェクトチームが、シニア向けサービス構築のアドバイザリーには、昨年12月に設立された博報堂シニアビジネスフォースのSenior’s Digital Activatorが、それぞれ担当する。

 実証実験を通じて、ユーザーの利用実態を定量・定性両側面から把握しながら、最適なコンテンツの数や長さ、コンテンツのカテゴリー、配信頻度、配信時間、配信デバイスなどを検証し、UIを継続的に改善していくことで、2019年内の本サービス化を目指す。合わせてニュース記事自動要約システムの更なる精度向上と、ニュースカテゴリー以外のコンテンツへの対応を進めていく。

【実証実験概要】
サービス名:河北新報ニュース
実施時期:2019年3月15日~(予定)
利用料:無料
ナビゲーター:かほピョン(河北新報社のマスコットキャラクター)
対応デバイス:スマートスピーカーからスタートし、随時拡充予定
提供コンテンツ:ニュースからスタートし、生活情報、スポーツ情報、スポンサー情報に随時拡充予定

【関連記事】
博報堂DYHDとEAGLYSが資本業務提携 AI&秘密計算を活用したデータ連携や分析モデルを構築へ
博報堂グループと日本テレビ、MRを活用したテレビCMのプロトタイプコンテンツを共同開発
「AbemaTV」が電通・博報堂DYMPの「動画広告配信サービス」と接続を開始 広告収益の拡大へ
博報堂DYMP、ユナイテッドアローズらと合弁事業を開始 試着シェアアプリ「fitom」を開発・提供へ
博報堂DYMP、米Instreamatic社との連携で「インタラクティブ音声広告システム」提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5