MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「TVer」「TikTok」などが急成長/動画メディア・サービスの利用実態【フィールドワークス調査】

2019/03/18 07:00

 映像コンテンツ・流通のマーケティング事業を手がけるフィールドワークスと映像メディア総合研究所は、全国5,000人規模のネットアンケートを利用し、映像メディア・サービスにおけるユーザーの利用実態を調査した。

「YouTube」やサブスクサービスの利用が増加

 はじめに、映像メディア・サービスの利用率を調査したところ、無料テレビ放送や映画館、DVD・ブルーレイ(BD)レンタルなどの利用率が前年から低下していることが明らかになった。一方で、「YouTube」をはじめとした無料動画サービスは前年から3ポイント、定額型見放題のSVOD(Subscription Video on Demand)は2ポイント利用者割合が増加していることがわかった。

 なお、無料動画サービスの中で前年からの伸びが大きかったのは「TVer」。今回の調査から選択肢に加わった「TikTok」も10代の利用率が他の世代と比べ著しく高く、全体では「LINE LIVE」を超える利用割合となった。

 その他、SVOD(14.3%)は有料テレビ放送(16.2%)との差を縮めた。これにレンタル型都度課金のTVOD(Transactional Video On Demand)とデジタルセルを加えた有料動画配信サービス全体の利用割合は17.7%となり、DVD・BDの購入割合と並んだ。なお、DVD・BDレンタルにおける利用率の大幅な低下に対し、映画などの新作を扱うTVODの伸びは緩慢で、レンタルとTVODを合わせた新作の需要は低減していることが浮き彫りになった。

有料動画配信サービス、シェア1位は「Amazonプライム・ビデオ」

 次に、有料動画配信サービスの実態を調査。その結果、有料動画配信サービス利用者の中で最も利用率が高かったのは「Amazonプライム・ビデオ(48.2%)」だった。これを調査対象全体における利用割合に置き換えた時の数字は7.8%だったが、「Amazonプライム」会員の特典として「無料の意識」で利用している人も一定数おり、その人を加えた場合の割合は12.8%となることが判明した。

【調査概要】
レポート名:映像メディアユーザー実態調査2019
調査目的:映像視聴メディア・サービス利用者の利用実態の把握
調査対象メディア・サービス:映画興行、無料・有料テレビ放送、DVD・ブルーレイのレンタル ・購入、無料動画サービス、定額型動画配信(SVOD)、レンタル型動画配信(TVOD)、デジタルデータでの動画販売(デジタルセル)
調査期間:2018年11月22~28日
調査対象者:全国13~69歳の男女
調査方法:ネットアンケート調査
集計サンプル数:5,021人
調査企画:フィールドワークス

【関連記事】
エブリー、DELISH KITCHENの動画をライフアプリに提供 店舗の特売に応じたレシピを紹介
「AbemaTV」が電通・博報堂DYMPの「動画広告配信サービス」と接続を開始 広告収益の拡大へ
DNPとKaizen Platformが資本業務提携 動画広告の効果を行動データに基づき測定可能に
MILとKaizen Platformが業務提携 LP向けインタラクティブ動画を共同制作
動画配信市場の規模推計、前年比19.5%増 Netflixなどが牽引【GEM Partners調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5